人気ブログランキング |
木漏れ陽の憂鬱

白み空 紅き血潮の向こう


「はぁ、はぁ…」
男はある街の郊外、まだひと気のない街並みを息を切らし、脚を引きずりながら、何かに憑かれたような様子で彷徨っていた。
その顔には酷い青痣があり、口元からは一筋の血も流れていた。
泣き腫らした瞳からはもう涸れ果てる程に流した涙を更に止めどなく流し、息切れと供に嗚咽を漏らしながら彼は行く。
自分の行く当てなど当にこの世にはないと知りながら、それでも彼は燃える眼で世界を睨みつけていた。
やがて彼は朦朧とした意識の中、息も絶え絶えに電信柱に背を預け、膝を抱えて泣き伏せる。
「畜生、ちくしょう…」と震える声を上げ、その両の手に己の爪が食い込む程に強く握りしめながら。

彼の名前は、神田貴美男。
この時、22歳。
この物語は、彼が中嶋勝と知り合うまでのあの晩から遡ることおよそ三年の年月を前にした物語である。

貴美男は実の親から見放されてしまった孤児院での暮らしを、高校に進学と同時に一人暮らしを始めると言う形でピリオドを打ち、成績優秀、一時は教師の満場一致を買って生徒会長にと頼み込まれる程の品行方正、勉学の模範と言うような絵に描いた優等生だったが、それは、彼がこの先の人生を独りで生き抜いて行くしかないと思春期よりも以前に腹を括っていた自分の為の生き様であった為、自分にはそれは向いていないと押し寄せる大人たちの嘆願をものともせず、それよりも趣味の鍵盤を打ち鳴らすことに日々を費やしていた。

それが数年後、見事に自分の将来を担うことになろうとはその頃の彼には思いもよらなかったが、鍵盤を弾いている間だけは呪いにも似た自分の出生と人生を省みる必要もなかった為、彼の鍵盤に対する才が他者より軒並み外れていくのは必然でもあったのだろう。

貴美男は若くして同い歳の青臭さの残る少年たちとは違った佇まいと容姿を持っていた為、勉学も秀でていてルックスも良いとなれば目ざとい女子生徒からお声が掛からないはずもなく、交際と言うものも、性の交渉も誰よりも早かった。

ただ貴美男はどこかで気づいてもいた。
己が女性を抱く時に、若さゆえの情欲の捌け口としてその折々の彼女たちとまぐわっていようとも、どうしたものだか脳内は常に冷静で、これと言った興奮や感動というものにはすぐ飽きたように冷めてしまう。

友達が居なかった訳ではない彼の思春期において、気の置けない友人とあの女がどうだとか、年齢ゆえに避けては通れない性の話題にも今ひとつピンと来ず、どこか下世話だなと腹の底では同級生の男子たちを腹の底ではせせら笑ってさえもいて、同様にそんな彼らが可愛いなと思ってもいた。
『そんな自分はきっと、満足に親を持たずに生きてきた身の上、歳のほど変わらない彼らのような健全な思考や感覚は共有できない、俗に言うキチガイか、医学的に自分の脳をカッ捌けばどこかに障害でもあるような生き物なのだろう』と10代も半ば頃には悟り切ったように生きてきたのだ。

そんな彼が同性への飽くなき欲望に開花するのは17の頃。
水泳部に所属していた彼は夏合宿と言うものに参加した地方の宿で、消灯も過ぎた頃、血気盛んな上級生下級生と混じってこれまた下世話な性の話しに興じていた折に、じゃんけんで負けた者は勝った者の性器をサランラップ越しに舐めると言う若さが行き過ぎたゲームにおいて貴美男が勝者となり、下級生からその手解きをされた際に異様なまでの興奮と、脳を揺さぶる非常に禁忌で背徳的なその行為に一瞬で虜となったのがきっかけだった。

どんなに悟った風に生きていようとも、歳はまだ若い。
貴美男は気取られてはならないと、その罰ゲームの間、同じの部の部員たちと「本当にやってるよ」と嘲りの笑いを交えて談笑しながら、気持ち悪いから洗ってくると部屋を抜け出した先、トイレの個室の中で先ほどまで下級生が自分の一物を口に含み舌先をいやらしく動かしていた感触とその光景を瞼の裏で何度も繰り返し再生しながら、2度も3度も自慰に耽り射精をしたのだった。

その時に、そんな擬似的な性の交渉を持った下級生も、後で話しを聞けばまんざらでもなかったと言う風だったので、二人が肌と肌を重ね、同性同士の性交渉を手引き書もなしに何度もこなし、高校生活の残りをすっかり彼との色と欲に溺れたのだった。

正確に言えば、当時の貴美男がその下級生に抱いた感情が身体を重ねすぎた故にやがては過剰なまでに情が移り、それを色だの愛だのと錯覚していたのか、はたまた真実の愛だったのかは定かではない。

卒業も間近になると、その下級生と本当に付き合わないかと貴美男は打ち明けたが、やはり自分は女の子との交際を望むと下級生は言うので、人生で初めての重い失恋も春の訪れと同時に味わうこととなる。

貴美男は成績優秀ではあったが、卒業間近のそんな失恋の痛手もあり、大学には進まなかった。
音大に興味こそあったが、親を持たない貴美男にはその入学金や、進学してからも掛かる費用の額があまりにも膨大であり、かつての孤児院の育ての親である仁科幸恵に相談すればお金を多少なり工面してくれたり、それ相応の手続きを踏んでくれたのかも知れないが、高校も終われば俺は本気で独りで生きねばならないのだと強く心に誓っていたので、進路をどうするのかと、まるで自分の事のようにおろおろと心配する担任や周りの教師の意見は無視し、「とりあえず、働きに出ます」と高校在学中からアルバイトをしていた企業に正規に雇用してもらう形でまとめたのだった。

企業とは言っても、大手と言うよりは中小企業の飲食チェーンの社員で、やればある程度は器用にこなせてしまう貴美男にはそんな日々は退屈と次第に感じるようになり、自分の中で今後の身の振り方を考える上での必要金額までをそこで稼ぎ出すと、3年もしない間に離職した。

辞めてからしばらくは職にも就かずふらふらとゲイ向けの歓楽街を夜毎遊び歩き、悠々自適な暮らしを謳歌していた。

これは、その頃の彼の切なくも哀しい人生の一ページを綴った物語である。
# by cogo3358 | 2017-04-07 18:01

なかがき

やぁ(・ω・)b

ようやっと、木漏れ陽の憂鬱も、1章『邂逅』が終わりましたな…_:( _ ́ω`):_ふぅ

実はここまでは以前にAmebaブログに掲載してたんですが、今回は新たにそこに加筆修正を加えた完全版と言う感じになりましたヽ(´ー`)ノ
(完全版だけど、後でまた付け足したくなったら増えるけどね。苦笑)

さあさあ、ここからは本邦初公開、新章『白み空 紅き血潮の向こう』が開幕だよ( ´ ▽ ` )ノ

色々と謎に包まれた貴美男の過去が今、明らかに…!!

とか言いつつ、本当は、これ、『木漏れ陽の憂鬱』じゃなくてスピンオフとして後々発表しようと思って書き溜めていた物で、自分で予想してたよりも『木漏れ陽~』が長くて、新章の続編として差し替えたんですね、はははっ。
0(:3 _ )~タララーン

『木漏れ陽~』のプロローグで2人が30歳で、邂逅は25歳、新章は貴美男が22歳でしょ。

これ、どうやって私は収拾付けるんだろうね♪~(´ε` ;)

元より緻密な設定も展開も考えないで書きながら作ってるから、ちゃんと2人をハッピーエンドに導いてやれるのか不安( ´,_ゝ`)

でも、頑張るわさ( ´ ▽ ` )ノ

じゃ、新章、行ってみよ~!!

あなた様がどこの誰か、ブログ越しには分からないんだけど、読んでくれてありがとうね( *・ω・)ノ
# by cogo3358 | 2017-04-07 18:00
その態勢のまま、僕たちはどれほどの時間を過ごしただろう。
きっと僕たちは抱き締め合いながら、互いに思い思いに何かを感じ、考えていた。
そこには得体の知れない不安や恐怖も内在しつつ、それでも互いに伝わるぬくもりと言うものを頼りに明日を願う儚くも美しい何かでもあっただろう。

貴美男はやがてゆっくりと僕を抱きかかえたままその身体をまたソファに沈め、僕たちは折り重なるように寝そべった。

貴美男の胸元に顔を置く僕はその眼をゆっくりと貴美男に向けた。
そして僕は見た。
貴美男は天井を見つめながら、眉間に少し皺を寄せ、どこか少し泣きそうな、何かの痛みに堪えるような、それでもその瞳には燃える何かを光らせた何とも言えない表情をしていた。
「…今、何を考えているの?」
僕は恐る恐る、その声を絞り出した。
貴美男は一瞬、ハッとしたように眼を丸くしたが、直ぐにまたいつもの顔つきに戻しこう言った。
「あぁ…どれぐらいぶりだっけな、こうして人を自分の腕に抱いてるのは〜って、考えてたかな。」
「…実際、どれぐらいぶりなの?」
「……2年…いや3年も経つか。」
その年数を告げながら、やはり貴美男は先ほどのような言い表し様のない表情を浮かべるのだった。
「その人とは、どうして上手くいかなかったの?」
貴美男は僕のその問いを聞くと、口元をふっと歪ませた。
「若かったから…なのかな。分からねぇよ、愛とか恋とかの終わりに明確な答えなんていつもない。それに恋愛なんてもんは終わってからが恋愛って言うだろ?」
そう言って僕の方を改めて見つめると貴美男は僕の頭を撫でるのだった。
「終わってからが恋愛…そう言うものなの?もう終わったことなのに?」
「そうさ。例えばその2人が手を抜かずにお互い本当に愛し合ったならな。どちらかだけがどちらかを熱烈に好きだったとしても、その好きだった側はそいつとの縁が切れた後、やり切れなさと切なさの中で愛について学んでくんだ。何度誰と関係を持とうが一生変わらない奴もいるらしいが、俺にはそいつらの頭は分からねぇ。
ただ、ある意味幸せだろうよ。
その都度その都度でただ自分を何となく満たしてくれる相手を渡り歩き、そうやって自分を生かしてくことに人生を割けるなら、それほど楽な生き方もない。
俺の知る限りでは、そう言う奴が辿る末路は絵に描いたような地獄だがな。」
そう言って貴美男は一瞬片目を見開いてまるで「ざまぁ無い」とでも言いたげな顔をした。
「…じゃあ、貴美男は手を抜かずに愛せる人なんだね。
そんな貴美男に選ばれた僕は幸せだ。」
貴美男はその言葉を聞くなり一瞬ぷっと吹き出しあははと高笑いを始めた。
「な、何で笑うんだい?可笑しかった?」
「はははは…いやぁ、勝のそう言うとこには参るね。
…鬼が出るか、邪が出るか。
俺の心に巣食う闇の話しを教えてやろうか?
聞かない方がそれはそれで付き合ってきやすいかもしれねぇけどな。」
そう言ってまた僕の頭をくしゃくしゃと撫でると貴美男は遠い目を浮かべた。
「…うん、聞かせてよ。
貴美男のことを、僕は知りたいから。」

貴美男は僕の頭に手を乗せたまま、しばし黙り込んだ。
そしてふぅっと一つ深い息を吐き出すと天井を悲しげに見つめながら語り出すのだった。

こうして晴れて恋人と言う関係を結んだ僕たちだったが、今にして思えばこれこそが、僕と貴美男を中心に巻き起こる、長く長い「闘い」の始まりなのだった。

「俺な。
…この世で一番大事だった人を、殺してしまったんだ。」
貴美男は悲痛そうな瞳を天井に向けながら、幾分神妙な面持ちで僕にそう告げた。
「………え?」
僕は思わず聞き返した。
いや、それ以外、僕に返せる言葉がなかったと言う方が正しいのかもしれない。

「誰よりも大切にしなくちゃいけなかった。
誰よりも俺を愛してくれた。
そんな人を俺はさ、殺してしまったんだよ。」

勝は思った。
「愛した人を殺した」と言うフレーズは、実際のところ現実で聞くとあまりにも非現実的であり、その真偽を疑いたくなるものだと。
しかし、それを告げた貴美男の眼は、深い後悔と悲哀に満ちた、形容し難い瞳をまた見せた為、きっと真実なのだろうとも同時に思った。

ー邂逅、完

新章 『白み空 紅き血潮の向こう』へつづく

# by cogo3358 | 2017-04-07 17:45

木漏れ陽の憂鬱 - 邂逅 20

唇と唇が触れた瞬間に言いようのない感覚に支配され、熱に浮かされた。
程なくして貴美男の舌が僕の口の中へ入ってくる訳だが、その舌が僕の舌と触れ合い、絡み合うことに僕はもはや意識が飛びそうな興奮と、それとは対極にあるはずの安らぎに似た何かを感じていた。
キスと言うものが、何やらとても神聖なものにさえ感じられる瞬間だった。
興奮の為だろうか、少し息が上がる。

僕たちは何度か口づけを交わし合ってはその都度お互いの表情を見つめ、互いに何かを与え合った。それは、例えば物理的に言う唾液ばかりではなく、何だかもっと言葉では形容し難い、精神的な、そしてどこか神聖な気さえする感覚だった。

貴美男からの先導があり、僕はひょんなことから初めての恋人を得て、僕たちは口づけを交わし合った。

双方どちらも人生で初体験の僕にとってはアタマがおかしくなりそうな、いや、当に頭はおかしくなっていたのかもしれない、熱病に浮かされた心地だった。

貴美男は口づけの度に一度顔を少し離しては愛おしそうに僕を見て、もう一度、また一度と何度も口づけをくれたのだった。

「お前、普段の感じと違ってこう言う時めちゃくちゃエロい雰囲気出すのな。」
貴美男が何度かの口づけの後に微笑みながら僕にそう言う。
「えっ…そ、そうなのかな…僕は、こう言うの自体初めてだから、全然無意識なんだけど…」
僕はとにかく恥ずかしかった。
それと同じだけ、自分を無条件に誉めてくれて受け入れてくれる貴美男に首ったけ、と言う様子だった。

「何ならこのまま勝ちゃんの穴に俺のぶち込んでやりたいとこなんだけど、そもそも人とヤる準備なんてしてねぇんでローションが無ぇ。また今度だな。」
貴美男は何度目かの口づけの後にそう言うと、僕の頭をぽんぽんと軽く叩いた。
「ローション、ないと無理…って、そりゃそうか。」
僕はきっと一瞬、ものすごく残念な顔をしたのだろう。
「ははは、そりゃそうだぜ。男の穴は出す専用だから女のそれと違って自発的に潤う機能は付いてねぇかんな。」
そう言って一笑いすると、貴美男はよくやる不敵な顔でこう続ける。
「でも俺先走り多い方だからもしかしたら、ぬるっと入ったりしてな。」
そう言ってまた僕のお尻にぐっと硬くなった下半身を押し当てて来た。
「いたた…ん〜…初めてだから、ちょっとその選択肢は怖いよ。」
僕は押し当てられた痛みに少し悶えつつ、口惜しくも感じたが、何となくそれは危険な気がするとやんわり断った。

「まあ、恋は焦らずってな。今度までには勝ちゃんが俺なしで生きられないぐらい開発してやるよ。」
そう言うと貴美男はぎゅうっと僕を抱き締めた。
僕も貴美男の背中に腕を回し、その身体を強く抱き締めた。
# by cogo3358 | 2017-04-07 17:40

木漏れ陽の憂鬱 - 邂逅 19

「…どうする?」
そんな事をしみじみと感じていると、貴美男は僕に突然そう告げる。
「ん?どうするって?」
僕がきょとんとして聞くと、貴美男は一呼吸おいてから語り始めた。

「俺と一緒にこの先に進むのか?お前、話しを聞く分にはこれまで男と付き合ったことないし、多分ヤったこともないんだろ?
てことはさ、お前は今感覚としてはゲイなのかもしれない。でも、実際そこに飛び込んだのとそうじゃないのとはだいぶ違う。例えばお前が俺と付き合ったからって、お前か俺のどちらかがどちらかに失望したり、飽きたり、見限ったり、悲しい結末だって絶対にない訳じゃない。楽しいことばかり、幸せなことばかりが続く恋愛なんてのは誰もが夢見るけれど、結局は大半が夢物語さ。
ましてや俺はこの男同士の世界で自分の体感としても、何人か知ってる奴らにしても、だいたいの奴が恋愛ってものに対して後ろ向きだ。だから恋人なんて要らない、その都度単純にヤれればいいって思考に変わってった奴らも見てきた。
付き合ったところで結婚もないし、子供も作ろうたってよほどの手段を使わない限りは無理さ。そもそも純血でその2人の血を引く子なんてのはどう足掻いたって出来はしない。
そう言う、禁断とか背徳とか、罪や罰が多い世界なんだぜ。
それでも俺と一緒に来たいかって俺は聞きたかった。
変な話しだが、まだ男と経験がないなら共すれば女も抱けるかもしれない。
まあ、後からでも戻れんのかもしれないけど、俺の知る限りそう言う奴は見たことないな。
暗くて、先が見えなくて、周りも冷たくて、普通の男女なんかよりもよほど気合いが要る人生になる。
そんな2人だからこそ誰よりも絆を結ばなきゃいけないし、信頼も必要になる。
とは言え人間だからふとした弾みで疑念も不安も浮かぶだろ。
それとか色〜んなものを乗り越えるのはさぞしんどいぞ。
それでも俺と一緒にどうかなりたいと思うのか?
もしもお前が、単純に俺が人生で初めて出会った同族だからって点で憧れとか思い入れが強くて惹かれてるだけなら俺はやめとけ。
そもそも恋愛観とやらが周りから言わせればイッちゃってるらしい。他の誰かとそれをするよりよっぽど苦労するぜ。
それにな。」
そこまで言うと、貴美男は突然上半身を起き上がらせる。
僕は貴美男と真向かいに座り合う形になり、僕のお尻に、何やら硬い感触がグッと押しつけられた。
少し、痛い、とも思った。
「俺は格別デカい訳じゃないらしいが決して小さい訳でもないらしいんで、初心者には向かない。
俺はウケは出来ねぇしする気もない。
つまりお前は俺に抱かれるなら俺のこれを、決して入れる為には作られてない穴に突っ込まないといけない。俺は経験ないから知らんが相当痛いらしいぜ。しかも俺はさっきも言ったが性欲旺盛だ。付き合うともなりゃ下手すると一日一回で済む保証もない。お前にその相手が務まるかな?」
貴美男はそこまで言うと、ニヤリと不敵な笑みを浮かべた。

僕は改まってそう伝えられると、確かにどうなのだろう、と正直不安にも思った。
でもそれよりも、一概に突然付き合おうぜと言われるよりも、よほど彼の言葉は紳士であり優しいなとさえ感じた。
彼の視界から見た世界、感じて来たものやことを僕はまだ知らない。
口で言うほど容易くはないことばかりなんだろう。
それが現実と言うものだ。
僕はしばし、貴美男とまた向かい合って見つめ合っていた。
早く何か言わなければ、と焦る気持ちも多少あったが、貴美男は表情を変えることはなくじっと僕を見ていた。
逆に、この時に即答で答える方が何も考えておらず無責任なことなんだろうとも思い、僕はしばし本気で色々なことを考えていた。

「…それは、貴美男の中では僕の返答次第では僕を恋人に迎え入れてくれるってこと?
僕は、冴えない顔だし身体もさっき見てもらった通り全然鍛えてもないから魅力はないよ。」
貴美男は僕の質問が意外だったのか、一瞬きょとんとした顔を見せた。
「あぁ、心配すんな。確かに見た目の好み云々ってのはない訳じゃないが、いずれ死ぬ時には骨になるだけの表面についたそれとかを俺はあんまり意識しない。
それよりも俺がお前を気に入ったと思うのはそうじゃない心っつーのか、気持ちっつーのか、魂っつーのか、なんて言えばいいのかわかんねーけど、まあ、そう言う部分。」
いずれ死ぬ時には骨になるだけの表面についたそれとかを、と言うその言葉が何とも貴美男らしいなとも思った。
逆に、平々凡々な僕の中の何を貴美男はそんなに気になってくれたのだろう。
「…そっか。
正直、分かんない。改めて言われてみたら、精神的にしんどいだろうなって思うこと、たくさんあるんだろうけど。
でも、多分、僕は、だからこそ貴美男と一緒に生きたいよ。
独りは、とても怖いから。」
僕は精一杯の胸の内を告げた。
何だか、胸を張って貴美男が好きだと言えないのがとても卑怯にも思えたが、僕にはこう言う以外、貴美男の深い問いに対する答えのような言葉が見当たらなかった。

「…そうか。OK。
ま、心配すんな。俺でお前を守ってやれることがあれば、全力で守ってやるよ。」
貴美男もしばし深刻な顔で考えたように思えたが、僕のそれよりもよほど早くに彼は応えた。

貴美男はそう言うと、僕の頭に手を回し互いの顔をより近づけた。
あっという間の出来事だったが、僕は人生で初めての接吻、と言うやつを体感する。
# by cogo3358 | 2017-04-07 16:39